キャッシングと住宅ローンの審査ってどっちが厳しい?

キャッシングと住宅ローンの審査ってどっちが厳しい?

キャッシングと住宅ローンでは、
高額ローンである住宅ローンのほうが一般的には厳しいと言われていますが、
住宅ローンでは不動産が担保につくこともあり、利用者が返済困難になっても、
一定額までは債権が回収できることから一概にどちらが厳しいとは言えません。

 

キャッシングでは、一般的に年収、勤務形態、勤続年数、個人信用情報、
年齢、他社からの借入状況などが重要ポイントとなります。

 

住宅ローンの審査について

住宅ローンでは、これに加えて、不動産の担保評価額や健康状態も審査されます。
さらに、納税証明書の提出を求められることがあるので、税金の滞納が影響してくることもあります。

 

両者の審査基準の違いで顕著なものとしては、
住宅ローンは最大35年という長期のローンなので、将来にわたって、
安定した収入が見込める職業であることがなによりも重視されるということです。

 

そのため住宅ローンでは、アルバイトや、
事業失敗のリスクを100%自身で負っている自営業の人はかなり難しくなります。

 

キャッシングの借り入れ審査について

一方のキャッシングでは、アルバイトや自営業でもその時点で高い収入があれば、
大きな金額を借りられる場合があります。キャッシングでは高い利息を回収できるので、
リスクのある人に対しても貸し出しやすいという金融機関側の事情もあります。

 

結論として、一般的には住宅ローンのほうが審査は厳しいですが、
他社からの借入状況、借入金額やその人の属性によって変わってくることになります。