キャッシングしたい!審査なし希望!

キャッシングを借り入れ審査なしでできる!?

キャッシングには審査はつきものです。

 

管理人もそうでしたが、
過去に何らかの理由でキャッシングできなかった人にとって、
キャッシングの審査は戦々恐々とするものがあります、、

 

ただ、キャッシングができなかったという人は、
何が理由でキャッシングできなかったか、本当の原因を知っていますか?

 

本当にキャッシングができない人とは?

単にキャッシングできなかったといっても、
まずは以下項目に該当するかをチェックしてみましょう。

 

  • 過去10年以内に借金を踏み倒したことがある人
  • 過去10年以内に自己破産など債務整理をした人
  • すでに5社以上から借り入れがある人
  • 無職など収入が全くない人

 

いかがでしょうか?
もし一つでも該当している人なら、
今、キャッシングに申し込みをしてもまず無理だと思ってください。

 

でも、一つも該当していない人であれば、
キャッシングできない理由はそこまで深刻なものではなく、
十分にキャッシングできると思ってください!

 

キャッシングの審査に落とされないために注意しておいてほしいこと

管理人の体験談にもなりますが、
キャッシングに落とされた時の原因として多いのが、
「申し込み時に虚偽の内容を記載した」「一度にたくさんのキャッシングに申し込んだ」
「在籍確認がとれない」「総量規制の対象になっている」といったことなどです。

 

申し込み時に虚偽の内容を記載した

「虚偽」というと大げさですが、
申し込み時に記入する内容を間違って記載した場合です。

 

中でもついつい適当に書いてしまいがちなのが、
他社からの借り入れ件数や金額です。

 

「他で借りていることがバレると借りにくくなのでは?」
「いくら借りているかわからないから適当でいいや」

 

理由は人それぞれだと思いますが、どちらにせよ、
貸し手側からすれば、あまり信用できない人だなと思われても仕方ありません

 

あとバレたくないからといって、嘘の情報を書いても、
残念ながら調べたらわかってしまうので、全く意味はありません。

 

とにかく、申し込み時の情報はきちんと正確に記載(入力)するというのは鉄則です!

 

一度にたくさんのキャッシングに申し込んだ

審査に落ちたからまた違うところに申し込んだ、
審査に通るか不安だから複数のキャッシングに申し込んだ、
事情は色々あると思いますが、一定期間で複数の申し込みをした場合も、
キャッシングの審査は通りにくくなります。

 

これが世にいう「申し込みブラック」というもので、
貸し手側からすると、融資対象から外されてしまいます。

 

これは短期間に複数の申し込み=かなりお金に困窮している、
と判断されるからです。要はお金を貸しても返済してくれないリスクが高いと判断されるからです。

 

もしこういった状態の人であれば、
少なくとも半年ぐらいはキャッシングに申し込むのを我慢してもらったほうがよいですね。

 

在籍確認が取れない

キャッシングの審査において、
職場への在籍確認をとるのが一般的です。

 

申し込み時に記載していた働き先に本当に在籍しているのか?
ちゃんと稼ぎがあって返済できる人なのか?と確認するわけですね。

 

ほとんどの場合、在籍確認は電話にて行われます。
貸し手側は会社名を名乗らず、ご自身の職場に電話してきます。

 

この時に在籍を確認できない(そんな人はいないといわれるなど)と、
審査はまず通りません。

 

…となると、職場への在籍確認をしなくても済むキャッシングを選べば良いわけです。

 

「そんなキャッシングなんてない」と思われそうですが、
実は1社だけあります。それはモビットです。

 

 

モビットの場合、職場への在籍確認というものは行っておらず、
書類の提出で在籍確認を行ってくれます

 

  • 本人確認書類(運転免許証・パスポート・健康保険証)の写し
  • 現在の収入を証明できる書類(源泉徴収票・直近の給与明細2か月分)の写し

 

これら書類を提出で在籍確認が可能です。
「ちょっと在籍確認が上手くできるか不安、、」という人であれば、
モビットでキャッシングすることで、審査落ちのリスクを相当軽減することができるはずです。

 

モビットの公式サイトを見る

 

総量規制の対象になっている

貸金業法の改正によって、
年収の3分の1を超える借り入れを既にしている場合、
新たに借り入れすることはできないといった法律が総量規制です。

 

既に他社で借り入れしている場合、
実はこの総量規制の対象になってしまっていることがあります。

 

この場合、総量規制の対象にならない、
銀行カードローンを利用するといった方法でキャッシングは可能です。
(モビットなどの消費者金融からの借り入れは総量規制の対象になってしまいます)

 

ちなみに総量規制の対象にならず、かつ金利が低い、
即日融資も対応してくれるハイブリッドな銀行カードローンがあります。

 

それはみずほ銀行カードローンです。

 

みずほ銀行カードローン

 

難点としては、モビットなど消費者金融に比べると、
やや借り入れ時の審査が厳しいことです。

 

ただ、もし総量規制の対象になってしまっている人で借り入れしたいのであれば、
銀行カードローンを利用する以外、他にありません。

 

最後の頼みの綱として、申し込みしてみるのはありだと思います!

 

みずほ銀行カードローンの公式サイトはこちら

 

まとめ〜管理人の考えるキャッシングの審査通過の極意〜

つらつらと色々書きましたが、
キャッシングの審査は絶対に行われるものです。

 

…となるとポイントになるのが、
審査に通るために、ご自身がキャッシングの審査において、
苦手とするところ、ひょっとすると難しいだろうな…という点をクリアすることだと思います。

 

それが「在籍確認」であったり、「総量規制」のことだったりするわけで、
他にも「収入を証明するものをだしたくない」なんて場合もあるかもしれません。

 

ちなみに「収入を証明するものをだしたくない」という場合であれば、
消費者金融なら50万円以下、銀行カードローンなら200万円以下の借り入れなら、
収入証明者は基本的に不要であったりします。

 

例えば消費者金融であれば、モビット以外でも、
「プロミス」あたりであれば、

 

プロミス

 

申し込み確認の電話があった時に、
在籍確認を書類で行ってほしい旨を伝えれば、
提出書類で在籍確認としてくれる場合もありますし、
初回借り入れ時から30日間無利息でキャッシングできるサービスも行っています。

 

さらにプロミスの場合、最短1時間でキャッシングしてくれるので、
急ぎでお金を用意したい人には向いていると思います。

 

プロミスも管理人的にはかなりおすすめできるキャッシングですね。

 

プロミスの公式サイトはこちら

 

 

もし他にもキャッシングで不安なことがあれば、
答えていこうと思いますので、こちらからご質問いただければと思います!